UPS(無停電源装置)

UPS (無停電電源装置)って何?

無停電電源装置(UPS)とは

UPSは(Uninterruptible Power System)の略で、停電や電圧変動などさまざまな電源トラブルが発生しても、
UPS内部の蓄電池(バッテリ)に蓄えられた電気によりコンピュータにつねに安定した電気を供給する装置です。

無停電電源装置(UPS)とは

UPSの必要性

停電や電圧変動など幸い日本では発生率は低いものの、発生するとコンピュータシステムの損傷ばかりでなく、最悪の場合にはデータの消失などを引き起こす可能性があります。 また機器の増設による電圧低下、ブレーカのトリップや、人為的なミスにより電源トラブルは発生します。
UPSは、そんなさまざまな電源トラブルからコンピュータを守る役目をします。 また、ネットワークの普及により電源保護を必要とするコンピュータやハブなどの周辺機器も増加しています。

UPSが無いと

図UPSが無いと
・停電・ノイズ・電圧変動-・落雷や配線経路切替によるもの・機器の接続過多による電圧低下、ブレーカー動作・電源スイッチの誤作動やコンセントぬけによるもの

UPSが有れば

図UPSが有れば
・停電・ノイズ・電圧変動-・落雷や配線経路切替によるもの・機器の接続過多による電圧低下、ブレーカー動作・電源スイッチの誤作動やコンセントぬけによるもの

UPS製品のお問い合わせやカスタマイズのご相談はこちら

お客様のご要望に応じたカスタマイズも承ります。
ご希望の製品がラインアップから見つからない場合もお気軽にお問い合わせください。